院内通信

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

2016.01.26更新

ピルは避妊薬として用いる他に、月経痛など、女性特有の様々な不快症状をやわらげます。
またピルには、更年期症状をやわらげる効用もあるのです。

更年期症状は、女性ホルモンのバランスの崩れが原因で起こります。
45歳から55歳くらいの女性の方に症状が出ることが多いのですが、最近はストレスの多い生活など様々な要因が重なり、30歳代などの若い世代から症状に苦しまれる方も増えています。

更年期症状は、人によって症状の出方や症状の重さ軽さなどの個人差が、非常に大きいです。
周りの方に辛さを理解してもらいにくく、そのことで悩まれるなどして、さらに症状が重くなられる方もおられます。

神戸にある当院はプライバシーを厳守し、話しやすく穏やかな雰囲気を心がけています。どうぞお気を楽にして、ご相談にいらしてください。

投稿者: たなべ産婦人科

2016.01.25更新

皆さまいかがお過ごしですか。
まだまだ冬は続きますのでくれぐれもお気をつけください。
神戸にある当クリニックは、ピル専門のクリニックです。
ピルについての正しい知識と患者様の需要に合わせた処方をいたします。

ピルとは、避妊薬として世の中に浸透している事がほとんどだと思います。
ピルは、生理痛のひどい方の調整や、どうしても生理の日をずらしたい大切な日があるなどの生理日の日程調整などにも使用されます。

ピルの服用でのメリットやデメリットがあります。
患者様にきちんとご説明し、ご理解の上で服用をおすすめいたします。
デメリットは、昔よく言われていた事は、女性特有の癌になりやすいという事です。
最近は、否定されてきています。
ピルの服用に慣れるまで時間のかかる方もいらっしゃいます。
一度ご来院お待ちしております。

投稿者: たなべ産婦人科

2016.01.21更新

楽しみにしていた海水浴や、温泉旅行の時に、生理になってしまい残念な思いをしてしまった方はいませんか。

当院は、ピル外来を行っております産婦人科です。
神戸にて開院しております。
ピルを使用することにより、生理の日をコントロールできることをご存知ですか。
ピルと聞いて、避妊のために使うものと思われる方も多いかと思いますが、ピルの効能は多々あるのです。
生理を遅らせたり、早めたりすることに加え、生理不順の方の月経周期を整えることも可能です。

ホルモンバランスの乱れで起きる更年期障害の症状は人により様々ですが、のぼせや、ほてり、疲労感、倦怠感などがあります。
これらの症状にもピルが効果を発揮し、軽くすることができます。

投稿者: たなべ産婦人科

2016.01.14更新

興味はあってもなかなか決断できない低用量ピルのことをご存知でしょうか。
神戸近郊で開業する当院は、自分のリズムをつくりたい女性のご相談を伺っています。

受験や結婚式、旅行や発表会など、この日だけは生理になりたくない日が必ずあることでしょう。
月経は低用量ピルによってコントロールできます。
ピルの効用は避妊だけでなく、月経の調整や生理痛、さまざまな不快症状をやわらげることも可能です。

ピルの使用には医師の判断のもと、正しい知識と用法が必要です。
当院では、生理痛を楽にするため、避妊目的、生理の日を調整するため、更年期障害対策など、目的に応じたピルの処方をいたします。
できるだけリーズナブルなお値段で提供したいと考えています。
自分のリズムを作りたい方、ぜひご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2016.01.07更新

新年明けましておめでとうございます。
神戸にお住いの皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。
今年もよろしくお願い致します。

ピルについて、知っているようで知らないことは沢山あるのではないでしょうか。
ピルは様々な作用があり、主に生理痛の軽減、更年期障害対策、避妊などが挙げられます。

なかでも一般的に知られているのが避妊をするためにピルを使うことでしょう。
毎日ピルを服用して頂くと、排卵が抑制されて避妊が可能になります。

また緊急避妊の場合も使用します。
何らかの事情で避妊できなかった場合に72時間以内に妊娠を阻止することができます。しかし避妊率は100パーセントではなく、妊娠リスクは数パーセント残るので完全とは言えません。

投稿者: たなべ産婦人科

お問い 合わせ TEL:078-821-0303