院内通信

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

2014.07.30更新

こんにちは。蒸し暑い日が続いていますが、皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。

さて当院は、神戸市にある産婦人科です。
産婦人科というと、出産を控えた妊婦さんや、婦人科の病気の人が通院するところというイメージがあるようですが、当院では女性が自分らしく生きるためのお手伝いをしています。
その一例がピルによる、女性特有の悩み解決です。
月経不順や月経痛、避妊、更年期障害などはピルを服用することによって、上手くコントロールすることができます。
ピルは欧米では広く普及しており、リスクの高いものではありません。
副作用も比較的少ない薬です。
女性特有の悩みを解決するために、ピルを上手く使っていくことをおすすめします。

まずは一度当院に相談にお越し下さい。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.07.23更新

ピルに関する情報が、メディアなどでも紹介されるようになり、その存在を意識する女性も増えているように感じます。
ピルで生理日の調整ができるということを、知識として知っているという方も多いのではないでしょうか。
しかし実際にピルで生理をコントロールし、もっと快適な生活を送っている方は、まだまだ少ないように思います。

生理による影響は受けたくないと感じつつ、ピル使用に踏み切れない女性が多いのは、不安な点も多いためではないかと思います。
またよく聞かれるのが、「いつ来院すればよいのかわからない」という点です。

生理日をずらしたいときには、早めでも一度相談していただくのが確実ですが、「避けたい日」の3から4日前でも十分に間に合います。
ぜひ神戸にある当院へ、ご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.07.17更新

現在は女性も仕事を持つ方が増え、生活リズムが不規則になったりなどで生理不順になる女性が多くいらっしゃいます。
毎月くるはずの月経がこないと精神的にも不安かと思います。

ピルは月経のリズムを整えることができ、旅行などの日程も組みやすくなります。
また、ピルの飲み方によっては月経を早めることができたり、遅くすることができたりなど生活に合わせ月経を調整することもできます。

日本ではピルは避妊というイメージが強く、なかなか踏み出せない方もいるかと思います。
しかし、ピルを使用することで日々の生活をより快適にすることができます。

当院は神戸にお住まいの方を中心に多くの方にご来院いただいています。
ピル処方には基本的に内診が必要ありませんので、内診が苦手という方も安心してお越しください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.07.14更新

ピルはできれば飲みたくない、というのが女性の本音でしょうか。
しかし、大切なイベント時期と生理が重なってしまいそう、旅行に行くのに生理が来るかもというときは、ピルを活用してみませんか。

低用量ピルで生理をずらすことができます。
ピルの処方は問診、血圧測定等で短時間で処方ができますのでご相談ください。
ひとつ気を付けていただきたいのが、高血圧や高齢の方です。
喫煙習慣などがある方で、血栓症が起こる危険性のある場合は、処方できないこともありますのでご了承いただきたいと思います。

当院は神戸市にあります。
阪急六甲駅から徒歩5分のところにございます。
駐車場も完備しておりますのでお車でのご来院も可能です。
会社帰りにもお気軽に寄ってください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.07.08更新

月経は、女性の身体だけでなく精神状態にも大きな影響を与えます。
例えば受験時、全く影響を受けない体質ならよいのですが、月経痛がひどい方であれば集中できなくなるなど何らかの支障が出る人も多くいます。
そんな方は、ピルを服用することで月経痛を軽くすることができますし、受験スケジュールに合わせて月経日を前後に移動させることができます。

受験だけでなく結婚式や大切な舞台、海外旅行や温泉、海水浴など、この日だけはぶつかってほしくないということはたくさんあると思います。
そういった方は、一ヶ月程度月経を先延ばしすることができます。
また逆にピルの飲み方を変えて、10日から2週間程度、時期を早めるなど調整ができます。避けたい日の3、4日前でご来院くだされば対応も可能です。

神戸市六甲道よりアクセス便利です。

投稿者: たなべ産婦人科

お問い 合わせ TEL:078-821-0303