院内通信

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

2014.06.25更新

あなたは毎月くる月経を憂鬱に感じていませんか。
月経不順の女性であれば、次にいつくるのか分からない不安や体の心配もあると思います。また、毎月定期的にくる女性であっても、旅行や大事な日など「この日だけは避けたい」と思うこともあると思います。

当院では、このように様々なお悩みでお困りの方に低用量ピルを処方しております。
副作用の心配もなく、ご自身で月経のコントロールができるのです。
また、医師の判断で処方を行いますが、基本的に内診は必要ありませんので、お気軽にご相談ください。

当院は神戸にあり、遠方からも多くご来院いただいております。
患者様のご希望を大切にし、心に寄り添うことを重要と考えております。
女性の様々なお悩みに対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.06.19更新

みなさま、こんにちは。
当院は、神戸市にあります産婦人科です。
神戸にお住いの皆様はもちろんのこと、遠方からも多くの患者様にご来院いただいております。

本日はピルについてのお話をさせていただきたいと思います。
女性なら一度はピルという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
でも、実はピルの本当の働きを知っている方はそう多くはないのかもしれません。
避妊用の薬だと思っている方に大勢お会いしました。
確かに、ピルの使用効果に避妊も含まれますが、そのほか多くの使用効果を発揮するのです。
生理の時期のコントロール、生理痛、出血量の軽減、大人ニキビの改善、多毛症の改善にも効果があるのです。

ご相談はお電話、メールでも受け付けておりますのでお気軽にご利用ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.06.12更新

欧米に比べると、日本でのピルの服用率はまだまだ低いと言われています。
おそらく、低用量ピルに対する理解が浸透していないせいではないかと思われます。

ピルを飲むと太るとか、副作用が心配だという方もいらっしゃるかもしれません。
しかしピルは避妊だけでなく、月経痛の軽減や更年期による症状の改善、婦人科の病気予防など、女性ならではのお悩みの強い味方となってくれるお薬なのです。

ピルを安全に使用するためには、正しい知識を身につけることが大切です。
女性の卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが分泌されます。
これらを含むお薬がピルであり、ホルモンバランスの乱れから来る諸症状に効果を発揮します。

神戸やその近隣にお住まいで女性ならではの症状にお悩みなら、当院へご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.06.10更新

ピルというと避妊のイメージしかない方が多いと思いますが、低容量ピルにはさまざまなメリットがあるのです。

女性ならばイベントが生理のタイミングになってしまい不自由な思いをした、という経験はあると思います。
「月経痛がひどくて日常生活に支障がある」といった方もいらっしゃいます。
低容量ピルの服用により、生理を早めたり遅らせたりすること、痛みや出血の軽減も可能です。

また、もちろん避妊目的のピル処方も、内診は不要なのでお気軽にお立ち寄りください。なんらかの事情で必要になった緊急避妊(アフターピル)の対応も行っております。
これは緊急という名前はついていますが72時間以内で対応すれば受精卵の子宮への着床が防げますので、そこまであせらずとも大丈夫です。
神戸にお住まいの皆様、ぜひお気軽にご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.06.04更新

「ピル」と聞いて、皆さんはどんなことが思い浮かぶでしょうか。
ピルは、避妊効果以外にも、ホルモンバランスの崩れによるニキビや多毛症、更年期障害の改善などにも使用されます。
おもに月経コントロールのために処方される「低用量ピル」は、含まれるホルモンの量が少ないため、正しく服用すれば副作用の心配なく高い効果を得ることができます。

また、婦人科で処方されるピルには、低用量ピルのほか、緊急時に用いる「アフターピル」があります。
どちらも基本的な成分は同じですが、使用法や目的に応じた成分量となっていますので、使用する際は必ず医師の処方を守りましょう。

当院では、女性が自分のリズムで毎日をいきいきと暮らすためのサポートをいたします。
神戸市近郊にお住まいでピル外来をお探しの方は、お気軽にご来院ください。

投稿者: たなべ産婦人科

お問い 合わせ TEL:078-821-0303