院内通信

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

2014.03.25更新

産婦人科は、子供を出産するための医院としてはもちろん、一生涯の女性のトータルサポートをする役割も担っています。
しかし、産婦人科へ相談することに躊躇する方は、少なくありません。

身体の不調は、放っておいても自然に治るのは難しいものです。
四十代以降の更年期については、治療で軽減することも考えられ、早く医師にかかることで毎日の生活を快適に送ることが期待出来ます。
不調の原因が深刻であれば、早い診断がとても大切です。

当院では、ご自身でも原因の分かりにくい女性特有の更年期などの症状、月経の異常など、様々な悩みについてご相談を受けております。
今までとは様子が違うという場合、また、ご自身の月経や体調などについて分からないことがある場合など、気になることは、医師へお気軽にご相談下さい。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.03.19更新

望まない妊娠は、女性の心と体に大きな傷を与えてしまいます。
処置が早ければダメージは小さいとは言いますが、様々なことを考えて悩む方も多いのではないでしょうか。
そうした事態を避けるためには、女性が主体的に行う避妊の取り組みが必要です。

女性が主体的に行える避妊の方法のひとつが、経口避妊薬、いわゆる低用量ピルを服用することです。
興味はあるけれど、値段が気になるという方もいるのではないでしょうか。
当院では、低用量ピルのワンシートを3000円で処方しております。
避妊以外にもさまざまなメリットが知られているので、これくらいなら挑戦してみたいと思う方も多いことと思います。

神戸にお住いの女性でピルについて気になったら、ぜひ一度ご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.03.19更新

痛みや心身のしんどさには目盛りがありませんので、具体的に言葉で明確に人に伝えることは難しいです。

女性の生理に関する悩みもそうです。
生理痛はもちろん、経血の量、状態等は人様と具体的に比べられないので、どんなに辛くても「こういうものだろう」と耐えておられる方が多数おられます。

女性は驚くほど我慢強い方が多く、治療が必要な病気でも受診されるのが遅れてしまうケースが出てきます。
出産経験の有無に関係なく、婦人科を受診されることに抵抗感を持っておられる方が多いことも、婦人科の病気の治療開始遅れにつながります。

当院は婦人科に対する抵抗感をなるべく少なくしようと、気持ちよく相談しやすいあたたかい雰囲気を心がけております。
生理について気になることがございましたら、どうぞお気軽にご来院ご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.03.13更新

冬の寒さも和らいで、過ごしやすい季節になってきました。
多くの人が新生活をスタートさせる春は、入学や就職、旅行などのイベントが多い時期でもあります。

もし、大切な行事が月経時に重なってしまうと、とても憂鬱な気分になってしまいますし、生理痛がひどい場合は心身ともに大きな負担となります。
そんな時は、低用量ピルで月経周期をコントロールするのもひとつの選択肢です。

ピルの処方は、クリニックで対面による診察を受ける必要がありますが、婦人科健診のような内診はなく、初診の場合でも10分程度の診察となります。

当院は、患者さまの心に寄り添うクリニックであることを心がけています。
産科、婦人科の診療から各種手術まで幅広く対応しておりますので、ご不安なことがありましたら遠慮なくご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.03.10更新

これから春の行楽シーズンやゴールデンウィークに旅行を考えている方も多いのではないでしょうか。
先の予定を考える時に女性はできれば月経の時は外したいと考えますが、仕事の都合であったり、一緒に旅行に行く方の予定があったりなどで必ずしも希望通りの日に行けるわけではありません。

そんな時に低用量ピルを服用すると、ご自身で月経がコントロール可能になります。
また、月経不順でいつくるかわからない方には、周期を整えることができます。
月経痛で悩んでる方には、痛みを軽減したり、出血量が抑えられるので貧血にも効果があります。

ピルは避妊目的とのイメージが多いかも知れませんが、毎月の月経が改善されて快適な毎日が過ごせます。
処方するには内診も必要ありませんので、安心してご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

お問い 合わせ TEL:078-821-0303