院内通信

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

2013.12.16更新

神戸市でピルによる自分のリズムを考えたい方には、ぜひ当産婦人科へご相談下さい。

生理になりたくない特別な日をコントロールしたい方や、月経痛や不快症状を和らげることのできる低容量ピルや緊急用ピルなどを扱っております。
現在では更年期障害対策や生理日の調整などさまざまな目的で処方されております。
避妊の目的だけではなく、自分のリズムを考えて上手く使いたい方はぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

当院はJR六甲道駅から徒歩3分のところにあり、木曜と日曜以外の9時半から19時まで、土曜日も午前診療しております。
駐車場を完備しており、遠方の方も大勢通院されております。
お問い合わせはメールやお電話でも受付しておりますので、お気軽にご相談下さい。

投稿者: たなべ産婦人科

2013.12.11更新

当院は、神戸の六甲にある産婦人科です。
女性の生理についてのトラブルのご相談を承ります。
年齢によって変化する生理のトラブルですが、今回は、妊娠や出産からも解放される40代の体のお話をします。

40代の女性は、家事や育児に加わり、親の介護や仕事などで大忙しの年代を迎え、体は更年期を迎える準備が始まります。
症状としては、生理周期のバラつきや、月によって出血量の差が起きることもあります。
生理前後に、若い頃には感じなかったようなだるさや重苦しさ、体の不調が見られる方もいるでしょう。

もし、少しでも思い当たる症状があれば、一度当院を受診ください。
当院は、出来るだけ楽に乗り切れるようお手伝いします。
治療方法に、ピルの服用やホルモン補充療法などがあります。
症状に合う治療方法がありますので、ご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2013.12.10更新

女性の皆様にとって、毎月くる月経は必要だと分かっていても「今回だけは遅れて欲しい」とか「この日までに終わって欲しい」という気持ちになったことが必ずあると思います。
そんな願いを叶えてくれるのが、低用量ピルなのです。

ピルと聞くと、避妊目的とイメージされる方も少なくないと思いますが、低用量のピルで調整することにより、女性の様々な悩みに効果をもたらせてくれます。
月経のリズムを自分で決めたり、不順でいつくるのか分からないような方にはリズムを整えることができます。
さらには、毎月の辛い生理痛や貧血にまでなる出血量を抑えることも可能です。

リスクや副作用はほとんどないので、欧米では多くの女性が使用しています。
当院での処方には内診も必要ございませんので、お気軽にご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2013.12.05更新

女性同士でも相談しづらいのが、産科、婦人科系の悩みです。

そんな悩みを当院スタッフに話してください。
患者様の悩みを解決出来たらと思います。

婦人科系の病気については女性でも知識のない方が多く、ほっておくうちに病が進行していることがあります。
その為、普段から自分の身体の事を知っておくことが大事です。
そうする事で早期発見、早期治療が可能となります。

当院では女性のための人間ドックを行なっています。
定期的にこの人間ドックを受けることは安心に繋がりますので、ぜひお受け下さい。

また、最近では不妊治療に来られる方が増えています。
その原因は様々ですが、婦人科系の症状が原因の場合もあります。
不妊治療を行う前に、当院で検査をして頂けたらと思います。

投稿者: たなべ産婦人科

2013.12.04更新

1999年6月、当時の厚生省は低用量ピルを医薬品として承認しました。
そのことによりピルの認知度は上がり、普及してきています。

ピルは女性にとって、避妊目的以外にもさまざまなメリットがあります。
その中に、大人ニキビへの効果があります。

大人ニキビは、男性ホルモンが関係しています。
男性ホルモンが分泌されると皮脂の分泌も活発になり、アクネ菌が増殖してニキビが発生します。
ですから、分泌される男性ホルモンの量を減らしたり、低活性化することでニキビを抑えることが可能になります。

低用量ピルを服用すると、男性ホルモンの量を減らすことや活性を低下させることができますので、大人ニキビに効果があります。
医師の指示に基づき、ピルを正しく上手に活用して、大人ニキビのお悩みを解消しましょう。
お気軽にご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

お問い 合わせ TEL:078-821-0303